コンテンツにスキップする

原油は年内に強気相場入りする、供給は過剰から不足へ-ゴールドマン

ゴールドマン・サックス・グループによれば、原油の価格は年内に反発し、強気相場入りを果たす。現在の値下がりが世界的な供給過剰を是正するほどの生産停止につながるためだという。

  米原油先物が12年ぶり安値に沈んだことで、米国のシェールオイルのブームは今年7-12月に後退すると、ゴールドマンはリポートで指摘。米国での生産は日量57万5000バレル減少し、原油は世界的に供給の過剰から不足に転じると予想している。

  ゴールドマンのジェフ・カリー、ダミアン・クールベイリン両アナリストは「2016年の最重要テーマは、新たな強気相場を誕生させるように市場のバランスを修正することができる真のファンダメンタルな調整だろう。16年遅くの強気相場入りをわれわれは依然、見込んでいる」と記した。

Sowing the Seeds of Next Oil Rally

原題:Goldman Sachs Sees Oil Bull Market Being Born in Today’s Crash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE