コンテンツにスキップする

米アップルに80億ドルの追徴課税も、欧州委の調査3月にも結論か

ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)の分析によると、アップルは欧州委員会による税務調査の結果、80億ドル(約9400億円)超の追徴課税を受ける恐れがある。アップルはアイルランドの子会社を利用して米国外で稼いだ所得への課税を回避したとして、当局から2014年以来調査を受けており、その結論が今年3月にも下される可能性がある。

  欧州委はアップルがアイルランドでの取り決めによって比較的有利な会計手法での所得計算が可能になっていると主張。低い営業コストを使った税計算により、アイルランド政府への納税額を劇的に減らしていると指摘している。BIの分析によると、アップルは米国外収入が約55%で、外国税率は約1.8%。欧州委が厳格な会計基準の適用を決めた場合、アップルは04年から12年に稼いだ利益641億ドルに対し12.5%の納税義務が生じ得る。

  米企業ではアップルのほか、スターバックス、アマゾン、マクドナルドも欧州での税務処理の調査対象。

  アップルの広報担当、クリスティン・ユゲ氏に取材を試みたが返答はない。

原題:Apple May Be on Hook for $8b in Taxes After Europe Probe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE