コンテンツにスキップする

東京ガス:米シェール事業で106億円の減損損失-業績予想は精査中

  • 原油やガス価格下落し事業価値を再評価-10-12月期に減損計上
  • 今期業績予想はまとまり次第公表

東京ガスは15日、原油や天然ガスの価格が下落したことで、2015年10-12月期に米国テキサス州のバーネット・シェールガス開発事業で106億円の減損損失を計上すると発表した。今期(2016年3月期)の業績予想については現在精査中だとし、まとまり次第公表するとしている。

  前期(15年3月期)にもバーネット事業で230億円を減損処理していた。東ガスは13年にクイックシルバー・リソーシズからバーネット事業の権益25%を4億8500万ドル(現在のレートで約571億円)で取得。同社保有分のガス生産量は年35万ー50万トンを見込んでおり、米国市場での販売を計画している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE