コンテンツにスキップする

米フォードがメキシコ新工場に10億ドル投資へ-関係者

  • 既に表明している25億ドルの投資に上積み、3月末までに発表か
  • 自動車業界からの投資発表が年内にさらに続く可能性あると経済相

米自動車メーカーのフォード・モーターは、メキシコの新工場建設に約10億ドル(約1180億円)を投資する計画だ。直接事情を知る関係者1人が明らかにした。同社は1年足らず前に25億ドルの投資を表明している。

  関係者が匿名を条件に話したところによると、フォードは3月末までに新工場について発表する。建設を目指しているのはサンルイスポトシ州で、首都メキシコ市の北約420キロの場所。フォードは昨年4月、既存工場の拡張とトランスミッション工場新設で25億ドルを投資すると発表していた。

  相対的な人件費の低さや他国との貿易協定、米国との近さに着目した世界の自動車メーカーによるメキシコへの投資が相次いでいる。グアハルド経済相は14日、同国に既存拠点がある自動車メーカー2社が近く投資を発表すると述べたが、その1社がフォードかどうかは明らかにしなかった。同相によると、自動車業界からの投資発表が年内にさらに続く可能性があるという。

  フォードの広報担当、ケリ・フェルカー氏は電子メールで、投資計画に関する臆測にはコメントを控えると述べた。

原題:Ford Said to Plan $1 Billion Plant in Boost to Mexico Auto Boom(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE