コンテンツにスキップする

サウジが新たな政府系ファンド設立を計画、投資多角化へ-ロイター

サウジアラビアは石油から得られる資金の一部を管理し投資の多角化を図るため、新たな政府系ファンド(SWF)の設立を計画している。ロイター通信が報じた。

  サウジ当局は投資銀行やコンサルタントに提案を募っているという。事情に詳しい複数の関係者の情報を基にロイターは伝えた。関係者の氏名は明らかにしていない。

  同国は原油価格の下落のほか、イランとの関係を含め中東諸国内の緊張の高まりという難しい状況に取り組んでいる。計画されているSWFはエネルギー業界以外の分野に焦点を絞り、ニューヨークに事務所を構え、1-2年以内に始動する可能性があるとロイターは関係者を引用し報じた。

  サウジアラビア通貨庁(SAMA、中央銀行に相当)のコメントは得ることはできなかったという。

原題:Saudi Arabia Planning Sovereign Wealth Fund, Reuters Says(抜粋)
Saudi Arabia Said to Plan New Sovereign Wealth Fund: Reuters(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE