コンテンツにスキップする

中国の望みかなう-オフショアと本土の人民元、パリティーに接近

中国当局が今週実施した為替介入で、香港と中国本土間の人民元レートの差はほぼなくなった。

Offshore vs. Onshore Yuan

  介入前のオフショア人民元は本土の人民元に対し、中国当局が本土外での元取引を容認した2010年以降で最も割安となり、その比率は過去最高の1.02に上昇した。中国人民銀行(中央銀行)が先週、オンショアの元の中心レートを昨年8月13日以来の大きさで引き下げたことを受け、中国当局の元レート引き下げ措置はまだ終わっていないとの観測が広がり、海外投資家がオフショア人民元売りに走った。

  中国当局はこれを受けて、香港の外国為替市場に断続的に介入してオフショア人民元を大量に買い、本土の人民元とのレート差を昨年11月以来の最小に縮小させた。

原題:China Gets Its Wish as Offshore and Onshore Yuan Now Near Parity(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE