コンテンツにスキップする

NY外為:ドル上昇、原油値上がりで世界的に市場の緊張が緩和

更新日時

14日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇した。原油の値上がりが背景にある。

  ドルは主要通貨の大半に対して上昇。ドル指数は11年ぶり高水準をつけた。この日のニューヨーク原油市場でウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は大幅上昇した。ドルは対ユーロと対円での下げを埋めた。

Bloomberg Dollar Spot Index

  コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジのチーフ市場アナリスト、オマー・エシナー氏は「世界市場である種の安定感が広がったことがドルに恩恵をもたらすだろう」と述べ、「原油が底値から上昇したことで、投資家の間で安定感が生まれようとしている」と続けた。

  今年に入って金融市場は世界的に不安定な動きとなっている。中国の政策当局者が市場の安定化に苦戦しているほか、商品価格が下落したことで安全逃避の需要が押し上げられた。円は昨年12月31日以降、ドルに対して1.8%上昇した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルはユーロに対して0.1%上げて1ユーロ=1.0865ドル、対円では0.3%高の1ドル=118円06銭。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇して1246.15。

  みずほ銀行の通貨ストラテジスト、シリーン・ハラジュリ氏(ニューヨーク在勤)は「株式の上昇がリスク志向を助け、それがドルを押し上げている」と述べた。
 
  セントルイス連銀のブラード総裁は14日、ここ最近の原油価格下落でインフレ率が当局目標の2%に戻るのは遅れる可能性があると指摘。同総裁は過去数カ月間に利上げを強く主張していた当局者の1人だったが、この日はより慎重な姿勢を示した。

  ブラード総裁はテネシー州メンフィスで講演。事前原稿によると「原油価格が過去数週間に再び下落したことに伴う、市場ベースのインフレ期待の低下が気掛かりになりつつある」と発言した。

(更新前の記事はリードを「ニューヨーク外国為替市場」に訂正済みです)

原題:Dollar Climbs as Crude-Oil Rebound Eases Global Markets Tension(抜粋)

(第4段落を追加し、相場を更新し、第6段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE