コンテンツにスキップする

サムスン、新型「ギャラクシーS」でクアルコム製チップ復活へ-関係者

世界最大のスマートフォンメーカー、韓国サムスン電子は高機能携帯電話の新型モデルに米クアルコム製のチップを再び採用する。サムスンは昨年、クアルコムのチップの採用を見送った。

  事情に詳しい関係者によれば、サムスンは携帯電話「ギャラクシーS」の次モデルの一部でクアルコムのアプリケーション・プロセッサーチップ「スナップドラゴン820」を採用する計画だ。関係者はサムスンが情報を正式に発表していないとして匿名を条件に、ギャラクシーSの約半分は引き続き独自のチップを採用するが、中国と米国向けの機種には大半でスナップドラゴンが搭載されているだろうと述べた。サムスンは来月、主力製品の最新モデルを発表する。

  サムスンは昨年、スナップドラゴン810 をテストし、採用見送りを決定していた。

原題:Samsung Said to Return to Qualcomm Chip for Next Galaxy S (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE