コンテンツにスキップする

インドネシア:通貨ルピアと株価が下落-ジャカルタで爆発、銃撃戦

更新日時

14日のインドネシア金融市場では、通貨ルピアと株式相場が下落。ジャカルタの中心部で爆発があり数人が死亡、警察が武装集団との間で銃撃戦を繰り広げた。

  ジャカルタ総合株価指数は事件発生後に一時1.8%安となった後、0.5%安の4513.181で終了した 。ルピアは0.6%安の1ドル=1万3913ルピア。爆発の直後には1%下げる場面もあった。

  インドネシア中銀は事件発生後に利下げを発表。政策金利であるレファレンス金利が0.25ポイント引き下げられ7.25%となった。2015年2月以来の利下げ。

原題:Indonesian Stocks Decline With Rupiah After Deadly Explosions(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE