コンテンツにスキップする

アジア株:3年ぶり安値-原油相場下落や中国減速懸念で

14日のアジア株式相場は再び下落し、3年ぶりの安値を付けた。原油相場が約10年ぶりの安値に値下がりし、中国の景気減速をめぐる懸念が広がったことで投資家の間に動揺が広がり、安全資産の需要が高まった。

  MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後2時49分現在、前日比1.9%安。9営業日中8回目の下げとなり、年初来の下落率は8.7%。中国株は上昇に転じ、上海総合指数は0.4%高。

原題:Asian Stock Rout Deepens as Oil, China Woes Crush Risk Appetite(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE