コンテンツにスキップする

中国には人民元を安定させる備えある-豪州のANZとマッコーリー

  • 豪州の両行はブルームバーグの元相場予想ランキングで上位
  • マッコーリー銀は円買い・韓国ウォン売りを勧める

中国人民元に端を発した懸念が年初から世界の市場を動揺させているが、精度の高い元相場見通しを示してきた市場関係者は、中国には人民元を落ち着かせることのできる備えがあるとみている。

  ブルームバーグのランキングでこれまでの4四半期でアジア新興市場通貨の相場を最も正確に予測したオーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)によれば、人民元は対ドルで6月末までに0.4%上昇する見込み。

  ランキング2位のマッコーリー銀行は、人民元は値下がりするものの、他の域内通貨と比べると下げ幅は小さいと予想。上海市場の人民元は今年最初の5営業日で1.5%下げたが、中国人民銀行(中央銀行)が毎営業日設定する人民元の中心レートを安定的に維持した今週は、人民元が一定の落ち着きを見せた。

  ANZのシニア市場ストラテジスト、クーン・ゴー氏(シンガポール在勤)は、「当局が事態の沈静化を望んでいる兆しかもしれない。これまでわれわれは中国側は元安に向け漸進的なアプローチを採用するとみていたが、その前倒しを図っているようだ」と述べた。

「多くの弾薬」

  オーストラリアの両行はいずれも、世界2位の経済大国である中国の景気減速でより大きく値下がりするのは、変動許容度の大きいアジア通貨で、中国が保有する世界最大の外貨準備と為替変動を制約する制度が元相場安定化に寄与すると見込んでいる。ドル高や新興市場からの資金流出を背景に、人民元が1-6月期に9.8%下落する予想しているラボバンク・インターナショナルとは対照的だ。

  マッコーリー銀の外為・債券ストラテジー責任者ニザム・イドリス氏(シンガポール在勤)は「元相場を安定させる多くの弾薬を人民銀は備えている。他の通貨がさらに大きく弱含みそうだ」と述べた。

  ANZはノンデリバラブル・フォワード (NDF)を使った台湾ドル売り・米ドル買いを投資家に勧め、マッコーリー銀は円買い・韓国ウォン売りを助言している。

WCRS

原題:Top Asian Forecasters Say China Has Ammunition to Stabilize Yuan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE