コンテンツにスキップする

中国株:上昇、弱気相場入り寸前から反転-小型株が大幅高

更新日時
  • 創業板指数の構成企業は株式を売らないことで株価を支える意向表明
  • 上海総合指数は一時、昨年の株価急落時に付けた安値を割り込んだ

14日の中国株式相場は上昇。上海総合指数は一時は弱気相場入り寸前まで下落していたが、午後に入り変動が高まる中で反転した。バリュエーション(株価評価)が4カ月ぶりの低水準に低下したことが安値買いを誘ったほか、小型株から成る創業板(チャイネクスト)指数の一部構成企業が株価を支える意向を表明した。

  上海総合指数は前日比2%高の3007.65で終了。一時は2.8%安まで下げる場面もあり、ボラティリティ(変動性)の指標は昨年9月以来の高水準に上昇した。創業板指数は2カ月ぶりの大幅上昇。同指数を構成する企業のうち28社が市場安定化のため対策を講じると表明し、一部は今後6カ月間に株式を売却しない意向を示した。

  上海総合指数は一時、昨年の株価急落時に付けた安値を割り込んでおり、銀河証券は買い支えのため政府系資金が投じられた可能性があると指摘。 銀河証券の孫建波氏(北京在勤)は「相場が大幅に下落したことからテクニカルな反発の必要性がある一方で、今回の反発は関係当局による市場保護の取り組みも反映しており、多くの中小企業が保有株を縮小しない意向を表明している」と述べた。

  CSI300指数は2.1%高。全10業種が上昇し、テクノロジー株と小型株が上げを主導した。香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が0.4%安で終了し、ハンセン指数は0.6%安で引けた。

原題:China Stocks Pull Back From Bear-Market Brink as Smallcaps Jump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE