コンテンツにスキップする

ABインベブが460億ドル起債-SABミラー買収資金を調達

  • 投資家の申し込みは1000億ドルを突破-関係者
  • 需要旺盛で低めの利回り設定、年間金利負担は約1億ドル圧縮へ

世界最大のビールメーカー、ベルギーのアンハイザー・ブッシュ(AB)インベブは13日、460億ドル(約5兆4000億円)規模のドル建て債を起債した。企業の社債発行としては過去最大規模となる可能性があり、投資家の利回り追求ニーズが金融市場の波乱による警戒感に勝っていることを示唆した。

  ABインベブの起債はSABミラー買収のための資金調達。ブルームバーグの集計データや事情に詳しい関係者の話によると、投資家の申し込みは過去最高の1100億ドルに上ったため、低めの利回り設定が可能になり、年間の金利負担を約1億ドル圧縮できる。同社はさらに他通貨での起債の可能性もあり、実施すれば米ベライゾン・コミュニケーションズが2年前に実施した490億ドルの債券発行を抜いて過去最大規模となりそうだ。

relates to ABインベブが460億ドル起債-SABミラー買収資金を調達

  フェデレーテッド・インベスターズのマルチセクター戦略責任者として約100億ドルの運用に携わるドナルド・エレンバーガー氏は、「ABインベブ債への関心は極めて高くスプレッドは縮小した。クレジット市場があまり堅調でない日にABインベブ債への旺盛な需要を示した」と指摘。「質の高い消費関連企業であり、関心は高い」と付け加えた。

  ABインベブに起債に関して電子メールで取材を試みたが、担当者はコメントを控えた。

  今回の起債で年限が最長の30年債(表面利率4.9%、発行額110億ドル)の利回りはベンチマークに対する上乗せ幅が205ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)で、仮条件の225bpを下回った。ただ、バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの指数に基づく同様の年限と格付けの債券の利回りに比べると、48bp高い水準。GAMホールディングスのマネーマネジャー、ジャック・フレアティ氏は「これほど大きな案件には妥協がつき物だ」と述べ、ABインベブ債を買っていることを明らかにした。

原題:AB InBev Raises $46 Billion in Bond Market to Purchase SABMiller(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE