コンテンツにスキップする

米エクスプレス・スクリプツ株急落、最大顧客が提携解消の可能性表明

13日午前の米株式市場で、米最大の薬剤給付管理(PBM)会社エクスプレス・スクリプツ・ホールディングの株価が急落。最大顧客である医療保険のアンセムが、エクスプレスが医薬品コストの節減分を年間でさらに30億ドル(約3540億円)還元できない場合、提携を解消し競合他社に乗り換える方針を示したことに反応した。

  エクスプレス・スクリプツは、アンセムを失えばPBMとして米最大手の座も失う。アンセムの方針表明を受け、エクスプレス・スクリプツの株価は13日のニューヨーク市場で一時6.1%安の80.32ドルとなった。日中の下落率としては2014年4月以降で最大。

  アンセムのジョゼフ・スウェディッシュ最高経営責任者(CEO)は12日、エクスプレス・スクリプツは医薬品会社との交渉で得た節減分に関してもっと還元するべきだと指摘。還元が増えない場合は、アンセムは他の提携先を探すと示唆した。

原題:Express Scripts Plunges as Biggest Client Threatens to Leave(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE