コンテンツにスキップする

仏ピュブリシス、韓国サムスン広告子会社の株式取得を検討-関係者

フランスの広告大手ピュブリシス・グループは、韓国サムスン・グループの広告子会社、第一企画の株式約30%取得を検討している。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  情報が非公開であることを理由に匿名を希望した関係者の1人によると、これが実現すればピュブリシスは第一企画の筆頭株主となる。ただ、その場合でもサムスン側は第一企画のかなりの株式を継続保有する見通しだ。第一企画の時価総額は19億ドル(約2250億円)に上る。

  ピュブリシスは第一企画が引き続きサムスン・グループの広告を確実に請け負えるような形で取引したいもよう。2014年5月に米オムニコムとの合併計画が頓挫したピュブリシスは、世界最大の広告主である米プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)や仏ロレアルの北米契約の大半を最近失うなど、苦戦が続いている。

  関係者は、ピュブリシスの検討がまだ初期段階で、正式な提案に至らない可能性もあると語った。同社とサムスン・グループの代表はコメントを控えた。第一企画の広報担当者はこの件について関知していないと回答した。

原題:Publicis Said to Consider Bid for Control of Samsung Ad Agency(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE