コンテンツにスキップする

ウーバー中国部門の価値、約8300億円との評価受ける-資金調達を実施

携帯端末アプリを利用した配車サービスを手掛ける米ウーバー・テクノロジーズは、同社の中国部門が資金調達を実施し、同部門の価値が70億ドル(約8300億円)と評価されたことを明らかにした。ウーバーのトラビス・カラニック最高経営責任者(CEO)が北京で今週開いた記者会見で述べた。

  事情に詳しい関係者が昨年9月に語ったところでは、ウーバーと競合する中国の滴滴快的は最近の資金調達で企業価値が165億ドルとの評価を受けた。関係者は昨年12月、ウーバー・チャイナの経営権を握るウーバーは直近の資金調達で625億ドルと評価されたと話していた。

原題:Uber China Raises Financing at $7 Billion Valuation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE