コンテンツにスキップする

米キンダー・モルガン:破綻石炭会社の契約解除は織り込み済み

石油・天然ガスパイプライン運営会社、米キンダー・モルガンは、破綻した石炭生産会社アーチ・コールの貯蔵契約の解除が利益に占める割合は1%未満に過ぎず、同社の財務計画に織り込み済みだと説明した。

  キンダーの昨年の売上高は147億ドル(約1兆7300億円)と見込まれているが、アーチとの契約に伴う部分は年間約4000万ー5000万ドルだったと、同社の広報担当リチャード・ウィートリー、デーブ・コノバー両氏が電話取材に対して指摘。これは同社の2015年通期のEBITDA(利払い・税金・ 減価償却・償却控除前利益)の約0.6%に相当するという。

  12日のニューヨーク市場でキンダーの株価は前日比4%安の13.60ドルで終了。一時は8.7%安まで下落していた。ここ1年では約67%値下がりしている。

原題:Kinder Morgan Says It Anticipated Arch Coal Deal Rejection (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE