コンテンツにスキップする

きょうの国内市況(1月13日):株式、債券、為替市場

国内市況の指標はここをクリックしてご覧下さい。過去の国内市況の記事はこちらです。

●日本株7日ぶり大幅反発、中国期待と円安で全面高-昨年9月来上昇率

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場は7営業日ぶりに大幅反発。中国の人民元相場安定への期待や為替の円安推移を好感、短期的な売られ過ぎ感も加わり、幅広く見直しの買いが入った。電機や輸送用機器、ゴム製品、機械など輸出関連、銀行や証券など金融株中心に東証1部33業種は全て高い。

  TOPIXの終値は前日比40.14ポイント(2.9%)高の1442.09、日経平均株価は496円67銭(2.9%)高の1万7715円63銭。上昇率はともに昨年9月9日以来、4カ月ぶりの大きさ。

  三井住友トラスト・アセットマネジメントの三沢淳一執行役員は、「原油価格の底が定まらないなど外部環境に不透明感が強まっているリスクオフの中では、足元の株価変動もあり得る」と指摘。ただ、市場を覆う不透明感の大半が中国株安に伴う中国経済への不安だとすれば、「実体経済に与える影響が限定的だったことが確認された昨年9月以降の相場が参考になる。魅力ある銘柄にとってはバーゲンハンティングの好機」との見方を示した。

  東証1部の業種別33指数はゴム、空運、証券・商品先物取引、金属製品、機械、倉庫・運輸、その他金融、建設などが上昇率上位。東証1部売買高は21億3909万株、売買代金は2兆4961億円。値上がり銘柄数は1833に達し、値下がりは77にとどまった。

  売買代金上位では、三菱UFJフィナンシャル・グループなどメガバンク3社がそろって上げ、トヨタ自動車や富士重工業、マツダ、村田製作所、任天堂、日本航空、ブリヂストン、JR東海、楽天、オリエンタルランド、NEC、SMC、電通が高い。イオンやカカクコムは軟調。

 
●債券先物が最高値更新、米債高や好需給で-長期金利は過去最低に接近

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券相場は続伸。先物は連日で過去最高値を更新したほか、長期金利は過去最低水準に接近した。前日の米国債相場が原油先物相場の下落を受けて反発したことや、現物債需給の良好さを背景に買いが優勢となった。

  長期国債先物市場で中心限月3月物は前日比2銭高の149円40銭で開始。午後に入ると水準を切り上げ、一時149円54銭と前日の夜間取引で付けたこれまでの最高値149円44銭を上回った。結局は12銭高の149円50銭で引けた。

  現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の341回債利回りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値より0.5ベーシスポイント(bp)高い0.22%で始まった後、徐々に水準を切り下げ、一時は0.205%と、2015年1月20日に記録した過去最低水準の0.195%に1bpまで接近した。

  新発5年物の126回債利回りは0.01%と、昨年1月26日以来の低水準を付けた。新発20年物の155回債利回りは0.5bp高い0.925%で始まった後、水準を切り下げ、0.91%と昨年1月22日以来の水準まで低下した。

  マスミューチュアル生命保険運用戦略部の嶋村哲金利統括グループ長は、「中国発のリスクオフはいったん小康状態だが、米雇用統計発表以降の米金利低下や原油安が債券市場全体の追い風。日銀の買い入れ増を受けたフラットニング相場が続いている」と説明した。「10年債利回りは史上最低の0.195%が視野に入り、5年債利回りについても、2年金利のマイナス化が常態化する中で、投資家の買いなどが集まっている可能性もある。債券先物は材料というよりも高値追いが始まっており、過熱感を感じる」と語った。

財務省がこの日午後に発表した表面利率0.1%の10年物価連動債(20回債)の入札結果によると、最低落札価格は104円40銭と予想の104円35銭を上回った。最高落札利回りはマイナス0.364%。応札倍率は2.47倍と昨年5月以来の高水準となった。

●円下落、人民元安定や株高でリスク回避緩和-対ドルで118円台前半

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場では円が下落。中国人民元の安定や株価の上昇を背景に投資家のリスク回避姿勢が和らぐ中、円に売り圧力が掛かった。

  ドル・円相場は1ドル=117円台後半から一時118円36銭と3営業日ぶりの水準までドル買い・円売りが進行。午後4時10分現在は118円17銭前後となっている。中国人民銀行(中央銀行)はこの日、人民元の対ドルでの中心レートを4営業日連続で前日とほぼ同水準に設定した。中国が発表した昨年12月の貿易統計では、輸出(人民元ベース)が予想外の増加となった。

  SMBC信託銀行プレスティアの尾河真樹シニアFXマーケットアナリストは、「人民元はコントロールはできているが、少しずつ自由化していく流れの中で元売り圧力はある程度市場に任せるという流れも少しあるだろうし、元安に行けば輸出が改善するということもある」と指摘。「過度のリスク回避姿勢が少し和らいでいる」と語った。

  ユーロ・円相場は1ユーロ=127円台後半から一時128円16銭と2営業日ぶりの水準までユーロ買い・円売りが進み、同時刻現在は127円92銭前後。一方、ユーロ・ドル相場は1ユーロ=1.08ドル台後半から値を切り下げ、一時1.0811ドルと3営業日ぶりのユーロ安・ドル高水準を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE