コンテンツにスキップする

欧州マーケットサマリー:株続伸も上げ幅縮小、独国債堅調

欧州の為替・株式・債券・商品相場は次の 通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.0857   1.0858
ドル/円            118.02   117.65
ユーロ/円          128.13   127.74


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  344.63     +1.41     +.4%
英FT100     5,960.97   +31.73     +.5%
独DAX      9,960.96   -24.47     -.2%
仏CAC40    4,391.94   +13.19     +.3%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .38%       +0.00
独国債10年物     .57%        +.03
英国債10年物     1.74%       -.01


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,088.15    +2.75     +.25%
原油 北海ブレント         30.65      -.21     -.68%

◎欧州株:ストックス600、辛うじて続伸-鉱業株とエネルギー株反発

13日の欧州株式市場では指標のストックス欧州600指数は約1カ月 ぶりの続伸となった。取引終了までの2時間で上げ幅のほとんどを失っ たが、辛うじてプラス圏で終了した。

米原油在庫の増加でエネルギー銘柄は上げ幅を縮めたものの、上昇 率は業種別指数の中で首位となった。鉱業銘柄は前日付けた12年ぶり低 水準から反発。リオ・ティントとランドゴールド・リソーシズの上げが 目立った。

ストックス600指数は前日比0.4%高の344.63で終了。中国の貿易統 計が予想を上回る内容だったことを手掛かりに一時1.9%高となった。

ダンスケ銀行(コペンハーゲン)のチーフアナリスト、アラン・フ ォンメーレン氏は「市場では中国のハードランディングが織り込まれつ つあった。最新の貿易統計と中国中銀が人民元の安定化に取り組んだこ とで、こうした懸念は行き過ぎだったように思われる」と発言。「恐ら く市場は反対方向に向かうだろう。エネルギー関連銘柄が最も大きな打 撃を受けていたことから、大きく反発したのは理にかなう」と続けた。

エネルギー銘柄は10営業日ぶりに上昇し、前日付けた2009年以来の 安値から反発。英タローオイルは4.7%の大幅高。今年の設備投資額を 削減する計画を発表したことが買い材料視された。

ドイツのDAX指数は0.3%安で引けた。一時は1.8%上げていた。 自動車メーカーのBMWとタイヤメーカーのコンチネンタルがいずれも 2%強の値下がり。一方、電力会社エーオンは4.1%上昇。同社が保有 する北海の英国側にある石油・ガス資産を英プレミア・オイルが買収す ると、ロイター通信が報じたことが手掛かりとなった。

原題:Europe Stocks Rise for 2nd Day as Miners, Energy Shares Rebound(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債上昇-インフレ期待示す指数低下で緩和拡大の観測

13日の欧州債市場ではドイツ国債が上昇。10年物利回りはロンドン 時間午後4時34分現在、前日比3ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)低下の0.51%。同国債(表面利率1%、2025年8月償還)価 格は0.25上げ104.6となった。

また、インフレ期待の指標として欧州中央銀行(ECB)のドラギ 総裁が重視する5年先スタートのインフレスワップ5年物フォワードレ ートは今週、昨年10月以来の低水準を付けた。年明けからの中国発の市 場混乱がインフレ期待を抑えており、みずほインターナショナルやロイ ヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)のアナリス トらはECBが緩和策を拡大する必要があるとみている。

みずほの金利戦略ストラテジスト、ピーター・チャットウェル氏 は、ドラギ総裁らECB当局者が3月の定例政策委員会で国債購入プロ グラムのペース加速を決定すると予想。RBSはECBが預金金利をさ らに引き下げ、それによって域内の国債相場が上昇するとみている。

ECBのチーフエコノミストであるプラート理事は12日付の南ドイ ツ新聞への寄稿で、低インフレが長期見通しに影響してきたと指摘した 上で、2%弱のインフレ率を目指す方針が変更されることはないと記し た。

チャットウェル氏は13日のリポートで「プラート理事やドラギ総裁 ら、政策委員会の主要メンバーからは向こう1カ月にハト派的な発言が さらに聞かれるだろう」とし、3月に「ECBが公的セクターの購入プ ログラムのペースを速めると予想している。そうならない場合、インフ レ期待は一段と下がるだろう」との見方を示した。

RBSのロンドン在勤アナリスト、マルコ・ブランコリーニ氏は、 ドイツ10年債の利回りが6カ月以内に0.16%まで低下する可能性がある と予想。イタリア10年債は0.75%まで下げると見込んでいる。

原題:Europe’s Weakening Inflation Outlook Spurs Calls for ECB Action(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE