コンテンツにスキップする

NY外為:円が上昇、原油のバレル30ドル割れで逃避需要

更新日時

12日のニューヨーク外国為替市場で円が上昇。ニューヨーク原油先物相場が12年ぶりの安値に下落し、安全逃避の需要が高まった。

  中国の金融不安が他国に波及するとの懸念を背景に、年初から円が強い。ニューヨーク原油市場でウェスト・テ キサス・インターミディエート(WTI)先物は一時、1バレル当たり30ドルを割り込み、カナダ・ドルやニュージーランド・ドルといった資源輸出国の通貨が下げた。

  BNPパリバの通貨ストラテジスト、バシーリ・セレブリアコフ氏 (ニューヨーク在勤)は「株式市場は上昇して取引を開始したが原油が安値を更新すると反転するという、よくある流れになった。円がドルに対して上昇しているのはこれが背景だ」と述べ、「センチメントに大きく影響を及ぼしているのは依然として商品相場だ」と続けた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、円はドルに対して0.1%高の1ドル=117円65銭。11日には116円70銭と、8月24日以来の高値を付けた。

  テクニカル分析によれば、ドル・円相場の相対力指数 (RSI、期間14日)は5日連続で30を下回り、円が下げに転じる可能性を示唆している。先週の円は2013年8月以来の大幅高を記録した。世界的な通貨ボラティリティ指数は3カ月ぶり高水準となった。

  セレブリアコフ氏は「円が割高だという見方に同意する。しかし、今の環境は外国為替市場での舵取りをやや難しくしている」と述べた。

  この日のニューヨークの原油先物相場は一時バレル当たり29.92ドルと、2003年以来の低水準まで下落した。

原題:Yen Resumes Advance as Sub-$30 Oil Sparks Renewed Haven Demand(抜粋)

(相場を更新し、最終3段落を加えます。.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE