コンテンツにスキップする

インド:12月インフレ率5.61%、予想以上に加速-中銀の緩和問われる

インドでは昨年12月にインフレが予想以上に加速した。今年最初の政策決定会合を2月に控え、インド準備銀行(中央銀行)のラジャン総裁が進める緩和的な姿勢に挑む形となった。

  インド中央統計機構の12日発表によると、12月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比5.61%上昇と、伸び率は11月の5.41%を上回った。ブルームバーグがまとめたエコノミスト35人の予想中央値では5.53%が見込まれていた。

  インド準備銀の次回会合は2月2日。昨年前半に政策金利を合計で1.25ポイント引き下げた同中銀だが、12月会合では据え置いた。

  同日発表された11月の鉱工業生産指数は前年同月比3.2%低下。エコノミスト予想は2%上昇だった。  

原題:India Inflation Quickens More Than Estimated Before Rate Review(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE