コンテンツにスキップする

ロンドン外為:ポンドが約4年半ぶり安値、鉱工業生産落ち込みで

ロンドン時間12日午前の外国為替市場で、ポンドがドルに対し一時、約4年半ぶりの安値を付けた。11月の英鉱工業生産がほぼ3年ぶりの大幅な落ち込みとなったことを嫌気した。

  鉱工業生産の発表後、ポンドは2010年6月以来の安値となり、ユーロに対しても昨年2月以来の安値水準に迫った。欧州連合(EU)残留か離脱かをめぐる英国の先行きに関する懸念や、同国経済の回復にむらのあることが、年初からポンドを圧迫している。

  ロンドン時間午前9時36分(日本時間午後6時36分)現在、ポンドは前日比0.3%安の1ポンド=1.4488ドル。

原題:Pound Weakens to Lowest Since 2010 as Industrial Output Plunges(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE