コンテンツにスキップする

中国株急落で日本市場が世界2位に復活も-チャート

中国株式市場全体の時価総額は昨年6月12日時点で、日本市場の倍あった。中国市場の時価総額は一時的に10兆ドル(約1174兆円)を突破していたが、中国株急落に伴い今月11日の取引終了時点で日本市場の1.2倍にすぎなくなっている。

China's Market Cap Lead on Japan Shrinks

  世界銀行からの直近の国内総生産(GDP)統計に基づくと、2014年の時価総額のGDPに対する割合は、中国では52%だった。日本は90%、米国は146%。電子商取引で中国最大手のアリババ・グループ・ホールディングなど一部の中国企業は、中国本土ではなく海外での上場を選択している。日中の時価総額の開きが縮小しているのは、円が人民元に対し過去半年で10%余り上げていることも反映している。

原題:China Rout Puts Japan Back in Play as World No. 2 Market: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE