コンテンツにスキップする

きょうの国内市況(1月12日):株式、債券、為替市場

国内市況の指標はここをクリックしてご覧下さい。過去の国内市況の記事はこちらです。

●日本株が初の開幕6日続落、円高や原油安、中国警戒-東証全業種安い

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京株式相場はTOPIXが6日続落し、年始からの連続安記録としては過去最長となった。為替の円高進行や12年ぶり安値となった海外原油価格の下落、中国経済・市場動向に対する警戒感が強く、鉱業や石油、非鉄金属など資源関連株、電機など輸出関連株、銀行や証券など金融株中心に東証1部33業種は全て安い。

  TOPIXの終値は前週末比45.37ポイント(3.1%)安の1401.95、日経平均株価は479円(2.7%)安の1万7218円96銭。東京証券取引所によると、TOPIXの年始6日続落は1969年の指数算出開始以降で初めて。前身の指数時代を含む49年の東証再開以降でも初のケースとなった。

  りそな銀行の戸田浩司チーフ・ファンド・マネジャーは、「中国の景気がこの半年間に良くならず、当局は小手先の対応でマーケットを混乱させていることが投資家に見えてしまっている」と指摘。きょうの下げも、新たな危機感が高まっての売りという感じはしないが、「新年を迎えてことし1年をみたときに昨年ほど市場の先行きが楽観できないと感じた投資家は、株のポジションをグローバルに落とし、キャッシュや債券に退避しておこうという心理が働きやすい」と言う。

  東証1部33業種は鉱業、石油・石炭製品、海運、非鉄、鉄鋼、保険、証券・商品先物取引、銀行、電機などが下落率上位。東証1部の売買高は26億3516万株、売買代金は2兆9732億円。上昇銘柄数はわずか33にとどまり、下落は1890に達した。きょうは国内新興市場への売り圧力も目立ち、マザーズ指数は6%安と急落。

  売買代金上位では三菱UFJフィナンシャル・グループやソニー、村田製作所、三井物産、マツダ、キーエンス、任天堂、ユニ・チャーム、JR東日本、住友金属鉱山、クボタが売られ、3ー11月期決算でGMS事業の収益改善ペースの鈍化に懸念が広がったイオンは急落。半面、さくらインターネット、バンダイナムコホールディングスは高い。

  
●長期金利が1年ぶり低水準、株安や日銀買いオペ受け-過去最低に接近

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  債券相場は上昇。長期金利は1年ぶりの低水準を付け、過去最低水準に接近した。国内株式相場の大幅続落に加えて、日本銀行の長期国債買い入れオペ実施による需給引き締まりを背景に買いが優勢となった。

  現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の341回債利回りは、日本相互証券が公表した前週末午後3時時点の参照値より0.5ベーシスポイント(bp)高い0.23%で取引を開始。その後は徐々に水準を切り下げ、0.215%と2015年1月26日以来の低水準に達した。昨年1月20日に記録した過去最低水準の0.195%に迫った。

  新発20年物の155回債利回りは0.92%、新発30年物の49回債利回りは1.185%と、ともに昨年1月22日以来の水準まで低下した。

  JPモルガン証券の山脇貴史チーフ債券ストラテジストは、「債券は需給で動きやすいものの、海外市場が大きく動いており、日経平均株価が1万7000円割れの局面となれば、一段と金利が低下する展開になると思う」と指摘した。「中国株は売買制限などいろいろな措置を行っているが、完全にポジションが整理されているわけでないので、売りが出ると値動きが荒くなる。市場は質への逃避の動きとなりやすい」と話した。

  長期国債先物市場で中心限月3月物は前営業日終値比1銭高の149円34銭で開始し、いったん149円30銭まで下落。直後から水準を切り上げ、一時149円39銭まで上昇。結局は5銭高の149円38銭で引けた。その後の夜間取引では149円42銭を付け、これまでの最高値149円40銭を上回った。

●ドル・円は117円台前半、中国経済の先行き懸念で円買い圧力

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

  東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=117円台前半で推移している。中国経済をめぐる先行き不透明感が根強い中、リスク回避の円買い圧力がくすぶっている。

  午後3時58分現在のドル・円相場は117円32銭付近。円は午前に付けた118円03銭を下値に、午後には117円23銭まで水準を切り上げた。東京市場が祝日休場だった前日の取引では、早朝に一時116円70銭と、昨年8月24日以来の水準までドル安・円高が進んだ。

  IG証券の石川順一マーケットアナリストは、中国情勢はリスク回避要因として注目だとし、「中国当局は場当たり的な対応を繰り返しており、政策能力に期待したリスクオンにはなりにくい」と指摘。一方で、今週から米企業の決算発表が本格化すると言い、「良い内容となれば、リスクオフモードが後退する可能性があり、米国株の動向次第では、ドル・円のトレンドが反発するかもしれない」とみる。

  中国人民銀行(中央銀行)は12日、人民元の中心レートを1ドル=1ドル=6.5628元と、前日の6.5626元とほぼ同水準に設定した。鈴木氏は、元の中心レートが3営業日連続でほぼ変わらずだったことで、「市場では元安誘導していないという捉え方になった」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE