コンテンツにスキップする

米セルジーン:アレスCOOをCEOに指名-3月1日付で実施

  • ヒュージン現CEOは執行会長に、後継COOにはファウス氏が就任
  • 15年通期の1株利益は4.71ドル前後、売上高は前年比約21%増

米バイオ製薬会社セルジーンは11日、マーク・アレス最高執行責任者(COO)を最高経営責任者(CEO)に昇格させると発表した。ほぼ6年にわたってCEOを務めてきたボブ・ヒュージン氏は執行会長として同社にとどまるという。

  発表資料によると、今回の人事は3月1日付。ジャカリン・ファウス氏がアレス氏の後任としてCOOに就任する。アレス氏は2004年に入社。14年からCOOを務めている。

  同社は11日、2015年通期の暫定決算を発表。通期の1株当たり利益は4.71ドル前後、売上高は前年比で約21%増となった。アナリストの予想では、調整後ベースで1株当たり4.80ドルの利益が見込まれていた。

  同社売上高の約3分の2を占める抗造血器悪性腫瘍剤レブラミドの16年の売上高は最高67億ドルとなると、同社はサンフランシスコでのJPモルガン/ヘルスケア会議で発表した。アナリスト予想とほぼ一致する水準。

原題:Celgene Names Alles as CEO; Hugin to Be Executive Chairman (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE