コンテンツにスキップする

「レクサス」がスポーツクーペ発表-米高級車販売でトップ奪還目指す

  • スポーツクーペ「LC500」は車体軽量化で炭素繊維やアルミを使用
  • 米デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーで披露

トヨタ自動車の高級ブランド「レクサス」は11日、デトロイトで開催中の北米国際自動車ショーでスポーツクーペ「LC500」を発表した。同社は高級スポーツカーの品質に磨きをかけており、米高級車販売で首位奪還に迫りつつある。

  LC500は4.5秒足らずで時速60マイル(約97キロメートル)まで加速。メルセデスの「SL550」を上回る。トヨタ自動車のジム・レンツ専務役員(北米担当)はインタビューで、価格は10万ドル(約1180万円)超になると説明した。

  この4人乗りのLC500は、高級車購入層からより幅広い支持の獲得を目指す豊田章男社長の取り組みを推し進めるものだ。レクサスは品質と信頼性で定評があるものの、スポーツカーや刺激的なモデルが不足していることが、2011年に米高級車販売トップの座を失うことにつながった。

  調査会社ケリー・ブルー・ブックのアナリスト、カール・ブラウアー氏は「これは、まさにレクサスが必要としていたものだ。彼らにとって本当に唯一残された課題であり、情熱や感情に訴えるという点を除き性能およびスタイルの面でレクサスに欠点はない」と述べた。

  LC500はドアとトランクの床材に炭素繊維やアルミニウムなど軽量の素材を使用。購入者はルーフについてガラス繊維か炭素繊維を選択できる。レクサスのラインアップで鉄に代わる素材を多用した直近のモデルは、炭素繊維を利用したスーパーカー「LFA」だった。

原題:Lexus Revs Sports Coupe to Break Dead Heat for Luxury Crown (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE