コンテンツにスキップする

NY外為(11日):ボラティリティが上昇、3カ月ぶり高水準

更新日時

11日のニューヨーク外国為替市場は通貨のボラティリティを示す指数が3カ月ぶりの高水準となった。中国の市場混乱が世界的に影響を及ぼし、中国の需要に強く依存している国の通貨は打撃を受けた。

  南アフリカ・ランドやブラジル・レアルなどの資源輸出国通貨は特に下げた。この日の原油相場は下落。円は下げ幅を縮小した。

  みずほフィナンシャルグループの為替セールス担当ファビアン・エリアソン氏(ニューヨーク在勤)は「市場は本当に流動的だ」と述べ、「株式市場は方向が定まらず、原油は引き続き下げている状況だ」と続けた。

  JPモルガン・グローバルFXボラティリティ指数はニューヨーク時間午後5時現在、10.43%。これは終値ベースで9月30日以来の高水準。ランドは2.9%安。ブラジル・レアルは0.7%下げた。

  円は対ドルで0.4%下げて1ドル=117円76 銭。一時は0.7%安まで売り込まれた。

  HSBCホールディングスの米外国為替戦略責任者、ダラフ・マー氏(ニューヨーク在勤)は「ドル・円の相場は株式市場で起きていることを映し出している」と述べた。

  原油下落を背景にドルはカナダ・ドルとノルウェー・クローネに対して上昇した。マー氏は「投資家が関心を持っているのはリスクのオンとオフのスペクトルだ」と述べ、「円や豪ドル、カナダ・ドルに対する前向きな関心はドルを上回るだろう」と続けた。

原題:Currency Volatility Jumps to 3-Month High as Turmoil Persists(抜粋)

(相場を更新し、最終2段落を加えます.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE