コンテンツにスキップする

中国国務院、金融と経済を調整する部署を新設-関係者

中国国務院(内閣に相当)が金融と経済を調整する部署を新設したと、事情に詳しい関係者が明らかにした。中国指導者らは市場監督への投資家の信頼回復を目指している。

  この部署は国務院弁公庁の下に置かれた秘書局で、金融と経済それぞれの監督当局間の調整のほか、地方事務所からのデータ収集を担う。未公表であることを理由に同関係者が匿名で語った。日常業務の責任を担う副局長には中国農業銀行の副頭取を務める李振江氏が起用され、先週就任したという。

  今回の部署新設は、中国の相場乱高下と景気減速に適切に対応するには政府の構造刷新が必須との認識が共産党指導部で広がっている状況を示唆する。これまで金融や証券を監督する国務院の部署は土地や環境保護、林業、観光などさまざまな問題にも対応していた。

原題:China Said to Create New Office Coordinating Finance and Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE