コンテンツにスキップする

元LTCM運用者が新会社、中国の投資家と海外ヘッジファンドつなぐ

1998年に実質破綻したヘッジファンド、ロング・ターム・キャピタル・マネジメント(LTCM)の元幹部らが中国の投資家と海外のヘッジファンドをつなぐ新会社を設立した。中国株の急落で、同国の投資家の間では海外資産の需要が増している。

  この新会社シカモア・インベストメント・サービシズ(本社、上海)の最高経営責任者(CEO)を務めるジェフ・リ氏は、LTCMのストラテジストだった。同氏によれば、LTCM創業者のジョン・メリウェザー氏はシカモア出資者の1人。LTCMのアジア事務所の共同責任者だったフアン・チフ氏もシカモアの創業者兼出資者だという。

  同社は今月中に正式発足し、中国の資本勘定開放に伴い拡大する中国国民の海外投資を手助けする。

原題:Former LTCM Managers Start Firm to Tap China Hedge-Fund Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE