コンテンツにスキップする

アジア株が全面安、上海総合は5.3%安-南ア・ランド過去最低

11日の金融市場ではアジアの株式が下落した。中国当局が人民元の中心レートを前週末とほぼ同水準に設定し人民元は上昇したが、株式相場の下支えにはつながらなかった。南アフリカ・ランドはドルに対し過去最低を付けた。

  上海総合指数は前週末比5.3%安と約4カ月ぶり安値で終了。南アフリカ・ランドは対ドルで一時9%安と急落した。

  ロンドン時間午前8時5分現在、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)は0.3%安。日本市場は祝日で休場。シンガポール市場の日経平均先物は1.4%安。フィリピン、シンガポール、インドネシア、韓国、オーストラリア株も下落。

原題:Stocks Fall With Crude Oil, Rand as China Equity Slump Deepens(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE