コンテンツにスキップする

中国「大変動」と呼べるほどの成長鈍化に直面せず-スティグリッツ氏

ノーベル経済学賞受賞者のジョゼフ・スティグリッツ氏は、中国は「大変動」と呼べるほどの成長鈍化に直面しておらず、先週の市場の混乱はむしろ、制度設計に不備のある株式サーキットブレーカーの問題だったとの見解を示した。

  コロンビア大学教授を務めるスティグリッツ氏は上海でブルームバーグとのテレビインタビューに応じ、先週2営業日にわたりCSI300指数の下落率が7%に達して発動されたサーキットブレーカーについて、もっと良く設計できたはずだと指摘した。

  同氏は「実体経済で起きていることと、金融市場で起きていることの間には常にギャップが存在する」と述べ、「中国で起きていることはどこから見ても成長鈍化だ。これはゆっくりとした減速のプロセスであって、劇的な変動ではない」と分析した。

原題:China Not Facing ’Cataclysmic’ Economic Slow Down, Says Stiglitz(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE