コンテンツにスキップする

トランプ氏:ウォール街に課税する-米株急落受けアイオワ州で発言

2016年米大統領選の共和党候補の指名獲得争いでトップを走るドナルド・トランプ氏が、「ウォール街への課税」を明言した。同氏はアイオワ州オタムワで9日開いた集会で、米国株の急落という機会を捉えて有権者に新たな不安の種を植え付ける働き掛けを行った。

  トランプ氏の集会での発言は、共和党大統領候補の指名を争う資産家というよりも、民主党の大統領候補の1人でウォール街を批判してきたバーニー・サンダース上院議員に近い響きがあった。

  トランプ氏は米株式市場の混乱に言及し、このような困難な時期こそ自分の金融に関する経験が生きてくると発言。「それは私の得意分野だ。私はウォール街とそこで働く人々を熟知しており、最高の交渉人を得ることができるだろう。だが私はウォール街の逃げ得を許すつもりはない。ウォール街はとてつもない問題を引き起こした。われわれはウォール街に税を課すことになろう」と述べた。

原題:’Tax Wall Street,’ Trump Pledges After Worst Market Week Since 2011(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE