コンテンツにスキップする

米TIとアナログ・デバイセズはマキシム買収せず-関係者

米半導体メーカーのテキサス・インスツルメンツ(TI)とアナログ・デバイセズは現時点でマキシム・インテグレーテッド・プロダクツの買収を追求しないことを決めた。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  交渉が部外秘であることを理由に同関係者が匿名で語ったところによると、両社ともにマキシムと価格で合意できなかった。同関係者によれば、マキシムは身売りの必要性を感じていなかったが、株価への上乗せ価格がより高ければ提案を検討していた。

  関係者1人によると、マキシムはゴールドマン・サックス・グループと身売りやより小規模な半導体メーカー買収を含めて戦略的な代替案について検討を続ける。関係者によれば、マキシムには中国の買い手が関心を示す可能性があるが、同社の事業規模が取引を困難にするかもしれない。

  アナログ・デバイセズとゴールドマン・サックス、マキシム、TIの担当者はいずれもコメントを控えた。

原題:Texas Instruments, ADI Said to Decide Against Buying Maxim (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE