コンテンツにスキップする

NY金(8日):6営業日ぶり下落、中国の市場安定への取り組みで

8日のニューヨーク金先物相場は6営業日ぶりに下落。堅調な米雇用統計や中国当局が株価の安定化に動いたことを背景に、逃避需要が減退した。

  ABNアムロ・バンクのアナリスト、ジョルジェット・ブーレ氏は「中国市場の落ち着きと人民元の安定を受けて、金ロングでの利益確定の動きが出た」と電子メールで指摘した。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比0.9%安の1オンス=1097.90ドルで終了。過去5営業日には4.5%高と、昨年1月以来の大幅上昇となっていた。週間では3.6%高。

  銀先物も下落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナとパラジウムは上昇した。

原題:Gold Falls First Time in Six Sessions as China Calms Markets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE