コンテンツにスキップする

米グーグル、中国で50人余りの人材募集-存在感高める狙い

アルファベット傘下のグーグルが中国で従業員50人余りの採用活動を行っている。世界最大のモバイル市場で存在感を高めるため、ソフトウエアエンジニアからクリエーティブコンサルタントに至るさまざまな職種を募っている。

  ソーシャルメディアのリンクトインに昨年12月7日から掲載されている募集広告によれば、グーグルは上海や北京での仕事に就く人材を探している。オンラインストア「グーグルプレイ」やモバイル向けの職種も含まれる。グーグルは2010年、中国当局の検閲に対する懸念から中国事業を縮小していた。

  グーグルのシンガポール駐在スポークスマン、ロビン・モロニー氏によると、中国内の同社従業員数は既に500人余りに上っている。

原題:Google Plans to Hire Over 50 to Beef Up China Workforce (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE