コンテンツにスキップする

中国が株式市場に再び介入、金融株などに政府系資金入る-関係者

中国当局が8日、本土株式市場に介入した。事情に詳しい関係者が明らかにした。動揺する株価を下支えするのが狙い。政府系の資金で株式が買われており、少なくとも今週2回目の株式市場介入になるという。

  株式購入が公表されていないことを理由に関係者が匿名を条件に語った。政府系資金は金融株のほか、代表的な株価指数でウエートの大きい銘柄に投じられている。CSI300指数急落に伴うサーキットブレーカー発動で、今週は2回にわたり株式市場の終日停止措置が講じられたが、同制度は7日夜に停止が発表された。

  政府系資金は5日も株式市場に投じられたと関係者は述べた。中国証券監督管理委員会(証監会)にコメントを求めてファクスを送付したが、今のところ返答はない。

原題:China State Funds Said to Buy More Shares After $1 Trillion Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE