コンテンツにスキップする

新興市場株、6年半ぶり安値から反発-人民元の中心レート引き上げ

8日の新興市場株は反発。中国人民銀行(中央銀行)が同日の人民元の中心レートを引き上げて元相場の安定化に動いたことや、中国政府がサーキットブレーカー制度を停止したことを好感し、下落に歯止めがかかった。

  MSCI新興市場指数は香港時間午前11時34分(日本時間午後0時34分)現在、前日比0.5%上昇。前日は6年半ぶりの安値で引けていた。前週末比の下げは6.5%に縮小したが、依然2012年以来の大幅な週間下落率となっている。

  香港市場でハンセン中国企業株(H株)指数は5日ぶりに反発。中国本土の上海総合指数は、振れ幅の大きい展開の中で上昇している。

原題:Emerging Stocks Pare Weekly Slump as Currencies Rebound on Yuan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE