コンテンツにスキップする

米ユナイテッドに3億円超の制裁金-障害者への対応不備などで

  • 運輸省に寄せられるユナイテッドの対応をめぐる苦情が大幅に増加
  • ユナイテッドは65万ドルをサービス改善に充てる

米政府は、障害のある乗客への対応不備および6件の機内待機をめぐる規定違反があったとして、ユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングスに275万ドル(約3億2500万円)の制裁金を科すと発表した。

  米運輸省の7日の発表によると、車いすの乗客やその他の補助が必要な顧客へのユナイテッドの対応をめぐり、同省に寄せられる「障害関連の苦情が大幅に増加」し始めた。こうした乗客へのユナイテッドの機内・外での支援は不十分であり、車いすなどの返還に時間がかかったことが調査で判明した。

  また、ユナイテッドは空港での遅延で、3時間以内の規定よりも長く乗客を機内待機させたという。

  障害関連の違反に対する200万ドルの制裁金のうち、ユナイテッドは65万ドルを車いす業者の検査改善や障害者への支援を迅速化する携帯端末アプリ開発に充てることができる。

原題:United Fined $2.75 Million After Wheelchair Users Mistreated(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE