コンテンツにスキップする

中国株:反発、政府系資金投入か-サーキットブレーカー停止を好感

更新日時
  • 人民銀が元の中心レートを引き上げ
  • 「国家チーム」が相場安定を図って株式購入を続けるとの指摘も

8日の中国株式相場は反発。相場の振れ幅は大きかった。導入したばかりのサーキットブレーカー制度を当局が停止し、中国人民銀行(中央銀行)が人民元の中心レートを引き上げたことが好感された。関係者によると、政府系資金が株式市場に投じられた。

  上海総合指数は前日比2%高で終了。一時2.2%下落する場面もあった。人民銀は9営業日ぶりに元の中心レートを元高方向に設定した。事情に詳しい複数の関係者によれば、中国当局は8日、政府系資金で金融株や代表的指数でのウエートが大きな銘柄を買い入れた。CSI300指数も2%上昇した。

  上海兵聖資産管理の李静遠ゼネラルマネジャーは「サーキットブレーカー制度の停止が市場安定化に寄与するだろうが、特に個人投資家の間でパニック的な心理は続く」と指摘。「恐らく『国家チーム』が相場安定を図って大規模な株式購入を継続するだろう」と予想した。

  香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が前日比1.1%高で終了。前日は約4年ぶりの安値を付けていた。中国石油化工(SINOPEC、386 HK)などエネルギー関連が買われた。ハンセン指数は0.6%高で引けた。

原題:China Stocks Gain as State Funds Buy, Circuit Breaker Scrapped(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE