コンテンツにスキップする

サムスン電子:10~12月利益予想下回る-高価格スマホの需要低迷

更新日時
  • 営業利益は前年比15%増加したがアナリスト予想平均に届かず
  • スマホ需要後退がディスプレーや半導体事業の利幅を圧迫

韓国サムスン電子の2015年10-12月(第4四半期)決算では、利益がアナリストの予想を下回った。歳末商戦で高価格スマートフォン(スマホ)と電子部品の需要が引き続き低迷した。

  同社の8日の届け出によれば、営業利益は前年同期比15%増の6兆1000億ウォン(約6000億円)。ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均は6兆6400億ウォンだった。売上高も53兆ウォンと、アナリスト予想(53兆8000億ウォン)を下回った。

  市場が飽和状態となっていることに加え、中国経済の鈍化を背景に、サムスンの「ギャラクシー」シリーズやアップル製品も含めスマホ全体の需要に陰りが見え始めている。これがサムスンのディスプレーや半導体事業など、競合会社に供給する部門の利幅を圧迫。さらにテレビ需要の後退でディスプレー・パネル価格の急落に拍車が掛かっている。

  ハイ投資証券のアナリスト、ソン・ミョンソプ氏(ソウル在勤)は、「電子製品需要の回復の兆候は見られない。従って部品事業は引き続き圧迫されよう」と指摘。「状況は悪化の一途をたどっており、1-3月(第1四半期)の利益は一段と落ち込む可能性が高いとみられる」と分析した。

  韓国株式市場でサムスンの株価は現地時間午前9時4分(日本時間同じ)現在、0.1%高の116万4000ウォン。昨年1年間で株価は5.1%下落し、時価総額は80億ドル超減少した。株価下落は3年連続。

  サムスンはこの日の暫定業績では純利益と部門別利益を公表していない。月内発表する監査済み決算でこれらを明らかにする。

原題:Samsung Earnings Misses Estimates on Chip, Display Prices (1)(抜粋)

(アナリストの発言などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE