コンテンツにスキップする

1月7日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドル下落、中国の市場混乱が米利上げ見通しに重し

7日のニューヨーク外国為替市場ではドルが1カ月で最大の下げと なった。中国の株式・為替市場の混乱が米国の利上げ見通しに重しとな った。

ドルは対円でほぼ1年ぶりの安値を付けた。中国株式市場ではこの 日、CSI300指数が前日比7%安となった時点で取引が停止された。 売買停止となるのは過去4日間で2回目。また中国の外貨準備高は12月 に市場予想を上回る減少となり、年間ベースで初めて前年割れとなっ た。これを受け、中国当局が人民元押し上げのためドルを売っていると の観測が広がった。期間が短めの米国債の利回りは低下。金利先物デー タによれば、4月までに利上げが実施される確率は43%として織り込ま れており、12月31日時点の56%から低下している。

米金融当局が中国の混乱を振り切り、予測通りに年内に4回の利上 げを実施できるのか、市場は疑問を抱き始めている。連邦公開市場委員 会(FOMC)12月会合の議事録では、政策当局は利上げのタイミング と大きさを検討する上で、「国際情勢」を精査することが示された。昨 年8、9月における中国をはじめとする新興市場の混乱は、米当局が12 月まで利上げしなかった理由の一つだった。

エバーバンク・ワールド・マーケッツ(セントルイス)のプレジデ ント、クリス・ギャフニー氏は「昨年8月の状況の再現だ」とし、「米 金融当局は世界の成長を注視しており、次の利上げのタイミングという 点で影響してくる。金融市場には既に影響が見られる」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.4%下げ て1237.09。12月9日以来の大幅な下落率となった。下落は9営業日ぶ り。

円は対ドルで0.7%高の1ドル=117円67銭。終値ベースで2月5日 以来の高値となった。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日、人民元の中心レートを2011年 3月以来の水準に引き下げた。これを受け、中国株は売りが続いた。

ジャナス・グローバル・アンコンストレインド・ボンド・ファンド の運用に携わるビル・グロース氏は、ブルームバーグテレビジョンのイ ンタビューで、米金融当局がこうした状況に対応して利上げを1回にと どめると明言することはないとした一方、今後の政策を検討する上で世 界の市場や金融情勢の重要性に留意する可能性はあると述べた。

リッチモンド連銀のラッカー総裁は、中国の減速で米国に余波が及 ぶ可能性はあるとの認識を示した。

富豪のジョージ・ソロス氏は、スリランカのコロンボで開かれた経 済フォーラムで7日、「中国は調整に関して大きな問題に直面してい る。私に言わせれば危機と呼んでいいものだ」と指摘。人民元の問題を 世界中に飛び火させていると分析した。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの為替ストラテジ スト、イアン・ゴードン氏は「米金融当局は利上げの継続を考える中 で、深刻なリスクオフが起きることに敏感になるだろう」と指摘。「当 局が対応せざるを得ないような状況には至っていないが、金融市場で影 響が根強く続き、昨年の夏に見られた水準に戻るようなことになれば、 当局は極めて慎重になるだろう」と分析した。

原題:Dollar Falls Most in One Month as China Damps U.S. Rate Outlook(抜粋)

◎米国株:3カ月ぶり安値、ダウ392ドル安-中国発の世界株安続く

7日の米株式相場は大幅続落し、3カ月ぶり安値を更新。ダウ工業 株30種平均の下げ幅は390ドルを超えた。2日間の下げとしては昨年8 月以降で最大。中国発の混乱が引き続き世界市場を不安の渦に巻き込ん でいる。

銀行株やハイテク銘柄が下げの中心となった。シティグループやア ップルが大幅安。ヤフーは6.2%下落し、昨年5月以来の大幅安。ボー イングやゼネラル・エレクトリック(GE)も安い。S&P500種株価 指数のエネルギー株指数は5年ぶりの低水準に下げた。

S&P500種株価指数は前日比2.4%安い1943.09で終了。昨年10月 1日以来の安値となった。年明け以降の4営業日では、データがさかの ぼれる1928年以降で最悪の滑り出し。ダウ工業株30種平均は前日 比392.41ドル(2.3%)安の16514.10ドルで終えた。週初からの下げ幅 は900ドルを超えた。ナスダック総合指数は3%安。米証券取引所全体 の出来高は約100億株と、3カ月平均を42%上回った。

ジョーンズトレーディング・インスティテューショナル・サービシ ズのグローバル市場ストラテジスト、ユーセフ・アッバシ氏は「人民元 の中心レート引き下げで、世界の成長エンジンである中国経済が減速し 始めているとの懸念が急速に強まった。これで値がさ株のほか、リスク 資産とみなされるものは何でも投げ売りされている。成長が懸念され始 めれば、原油も下げ、全てが相互に関係している。新年早々、市場参加 者は戸惑うばかりで、押し目買いを入れる用意はない」と述べた。

6日の中国株式市場ではCSI300指数の下落率が7%を超え、今 週に入り2回目のサーキットブレーカーが発動。取引開始後30分未満で 終日の取引が停止となり、世界的な株安となった。中国証券監督管理委 員会(証監会)はその後、年初に導入されたばかりのサーキットブレー カー制度を一時停止した。

中国人民銀行が人民元の中心レートを8営業日連続で引き下げたこ ともあり、年明け最初の週にリスク資産から逃避の動きが起こり、世界 の株式市場では時価総額にして2兆5000億ドルが吹き飛んだ。中国の元 安容認は当局が景気浮揚に苦慮している証左と受け止められている。中 国はエネルギーと金属、穀物の消費国として世界最大。

中国当局のこの動きにより、昨夏に金融市場を混乱に陥れた不安が 再燃。前日には商品関連銘柄を中心に売られ、S&P500種はに3カ月 ぶり安値に沈んだ。この日は富豪ジョージ・ソロス氏の発言で市場の不 安はさらに強まった。同氏はスリランカのコロンボで開かれた経済フォ ーラムで、世界の市場は危機に直面しており、投資家は大いに用心する 必要があると警告した。

商品関連株の下げが続いた。フリーポート・マクモランやアルコア が大幅安。ニューヨーク原油先物相場は5%超の下げを埋める場面もあ ったが、結局は2.1%下げて終えた。前日に急落したアナダルコ・ペト ロリアムとシェブロンはこの日も下げた。

人民元の下落は中国の弱い輸出セクターの支援材料となるが、同国 の外貨建ての借り手にとってリスクを高めることにもなり、中国経済の 減速が統計が示す以上に深刻であるとの憶測を強める。

2015年第4四半期の決算発表が近く始まる。アルコアやJPモルガ ン・チェース、インテルが来週に決算を発表する予定。S&P500種採 用銘柄のアナリスト利益予想は6.1%減となっている。

BGCパートナーズの市場ストラテジスト、マイケル・イングラム 氏は「市場は現実から目を背けていきた。もっと大きな問題は成長の勢 いが世界のほぼ全域で弱いことだ。中国の今年の動向は今後5年間の市 場動向を形成する」と指摘した。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティ指数 (VIX)は21%上昇の24.99と、9月29日以来の高水準。今月に入っ てからは37%上昇し、このままいけば過去最大の135%上昇を記録した 昨年8月以降で最大の伸びとなる。

米金融当局が先月、ほぼ10年ぶりの利上げに踏み切って以降、S& P500種は6.3%下落している。昨年は中国が8月に通貨切り下げに踏み 切って以降の混乱が一因となり、米当局は9月に利上げを見送った。 S&P500種は今年の年初以降の軟調で、5月に付けた最高値を8.8%下 回っている。11月には最高値まであと1%未満に迫っていた。

リッチモンド連銀のラッカー総裁は7日、利上げペースは緩やかな ものになると述べたが、経済見通し次第であるとの認識を示した。シカ ゴ連銀のエバンス総裁はインフレに関して他の米金融当局者ほど楽観し ていないと言明。米当局は2016年の利上げに対して特に慎重なアプロー チを取るべきだとする理由を説明した。

S&P500種のセクター別10指数はすべて下落。金融と資本財サー ビス、情報技術の下げが目立った。公益事業の下げは0.8%未満にとど まった。

KBW銀行指数は3.3%下落。6日続落と、2012年以降で最長の下 落局面となった。キャピタル・ワン・ファイナンシャルやステート・ス トリートが約2年ぶり安値。JPモルガン・チェースは4%下落し、4 カ月ぶりの大幅安となった。

前日に数少ない明るい分野だった航空株はこの日、大きく下げた。 ブルームバーグの米航空株指数は昨年10月8日以来の低水準。ダウ輸送 株平均は3.1%下げ、約2年ぶりの低水準。

住宅建設株は続落。業績がアナリスト予想を下回ったKBホーム は15%下げ、ほぼ1年ぶりの大幅安。

一方、メーシーズは2.1%高。コスト削減策などを発表した。前年 に29%下げていたウォルマート・ストアーズは2.3%高となり、回復基 調を維持した。

原題:U.S. Equities Fall as China Turmoil Sparks Global Stocks Selloff(抜粋)

◎米国債:上昇、中国の米国債売却観測より強い安全逃避需要

7日の米国債は上昇。ここ1年で最長の連続高となった。中国が米 国債を売却するとの観測があったものの、安全逃避需要が高かった。

利回りは低下。この日は世界的に株価が下げた。米取引時間中に償 還期限の長い国債が一時下げた。中国が人民元の下落を抑制するために ドル建て資産をさらに売却するとの見方が背景だった。

運用資産13億ドルの債券ファンド「ジャナス・グローバル・アンコ ンストレインド・ボンド・ファンド」をクマール・パールガート氏とと もに統括する著名債券投資家ビル・グロース氏はブルームバーグテレビ ジョンで「今後数週間は米国債が優良な投資対象だ」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前日比2ベーシスポイント(bp、 1 bp=0.01%)低下の2.15 %。同年債(表面利率2.25%、2025年11月 償還)価格は約1/4上げて100 29/32。この日で6日続伸と、2015年1月 以降で最長の連続高となった。

世界的な景気の弱さを背景に2016年の米国債は良好にスタートし た。利回りは米金融政策当局が利上げを決定した昨年12月16日の水準 よりも低い。中国市場の混乱は米国債にとってもリスクとなる。同国が 保有する外貨準備は12月に縮小した。米国債は中国の外貨準備の約3分 の一を占めている。

信用リスクの尺度とされる金利スワップスプレッドは7日に縮小し た。投資家の間では中国による米国債売却が進むとの観測が広がった。

BMOキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、アーロン・ コーリ氏は「中国が大規模な外貨準備を売却するかどうか市場参加者は 明確には分からないが、まずは一歩踏み出してから後で考える」と述 べ、「スワップスプレッドは売却があるとの見通しで縮小している」と 続けた。

ブルームバーグがまとめたデータによると、2年物金利スワップス プレッドは9.29ポイントと、前日の10.91ポイントから縮小した。

原題:Treasuries Gain as Haven Bid Outweighs Speculation China Selling(抜粋)

◎NY金:5日続伸、2カ月ぶり高値-世界市場の混乱で逃避買い

7日のニューヨーク金先物相場は5営業日続伸。1オンス=1100ド ルを上回り、2カ月ぶりの高値となった。中国株の急落を背景に、安全 逃避資産の金の買いが強まった。

ダンディー・セキュリティーズのアナリスト、ジョシュ・ウォルフ ソン氏は「安全への逃避の動きが見られ、それが金価格の上昇につなが っている」と指摘。「金のパフォーマンスは他を上回ると予想されるの は確かだが、パフォーマンスの良さは必ずしもプラスのリターンを意味 するわけではない」と述べた。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日 比1.5%高の1オンス=1107.80ドルで終了。一時は1109.30ドルと、中 心限月としては昨年11月6日以来の高値をつけた。5日続伸は昨年10月 以来の最長。

銀先物も上昇。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナ も値上がり、パラジウムは下落した。

原題:Gold Is Turmoil’s Beneficiary as Soros Reminded of Market Crisis(抜粋)

◎NY原油:続落、中国不安で12年ぶり安値-30ドルが視野に

7日のニューヨーク原油市場でウェスト・テキサス・インターミデ ィエート(WTI)先物は大幅続落し、12年ぶりの安値。中国市場が荒 れた影響で、原油相場はバレル当たり30ドルが視野に入ってきた。中国 当局が株式市場のサーキットブレーカー規制の適用停止を発表したこと から、金融市場の混乱は緩和された。

インベスコ・アドバイザーズ(アトランタ)のポートフォリオマネ ジャー、スコット・ロバーツ氏は電話取材に対し、「いずれにせよ向こ う2カ月ほどはつらい時期になりそうだ」と語る。「いま問われている のは、中国経済の成長減速がガソリンやディーゼル油の需要減少につな がるかどうかだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物2月限は前日 比70セント(2.06%)安い1バレル=33.27ドルで終了。終値ベースで 昨年2月以来の安値となった。一時は2003年12月29日以来の安値とな る32.10ドルまで下げた。

原題:Crude Falls to 12-Year Low as China Turmoil Seen Curbing Demand(抜粋)

◎欧州株:ストックス600が続落、中国不安で-DAXは1万割れ

7日の欧州株式相場はここ4営業日で3日目の値下がり。中国不安 で鉱山株とエネルギー銘柄が売りを浴び、年明けとしては2000年以降で 最悪の展開が続いている。中国当局が8営業日連続で人民元の中心レー トを引き下げたことで同国の景気減速が想像以上との懸念が強まり、昨 年8月をほうふつとさせる世界株安の様相となった。

指標のストックス欧州600指数の年初来の下げ幅は5.3%に膨らん だ。中国向け売上高の割合が大きい企業が打撃を受けている。アング ロ・アメリカンとグレンコアは急落し、資源銘柄指数を09年以来の低水 準まで押し下げた。自動車株指数は昨年10月以来の安値。

エイムド・キャピタル(ミュンヘン)のダニエル・ウェストン最高 投資責任者(CIO)は、「中国経済見通しはますます暗くなってい る」とし、「欧州からの輸出に対する中国の需要は弱まりつつある。昨 年8月に中国当局は通貨切り下げは『1回限り』と表明したが、市場は 今、それどころではないことを認識している」と語った。

指標のストックス欧州600指数は前日比2.2%安で取引を終了。一時 は3.6%下げたが、中国証券監督管理委員会が株式サーキットブレーカ ー制度の一時停止を発表すると、この下落分の一部を埋めた。ドイツの DAX指数は2.3%下げ9979.85となり、昨年10月以来の1万割れで引け た。

フランスのCAC40指数、英FTSE100指数、スイスのSMI指 数はいずれも大幅安となった。

自動車銘柄では、ドイツのBMWとダイムラーが共に4%弱の下 落。排ガス不正で既に株価が低迷しているフォルクスワーゲン(VW) の優先株はこの日3.3%値下がり。週初からの下げ幅は14%となった。

原題:European Stocks Pummeled on China Woes as DAX Falls Below 10,000(抜粋)

◎欧州債:総じて下落、市場混乱も支援にならず-フランスなど起債

7日の欧州債市場ではユーロ参加国の国債が総じて下落。中国市場 の混乱が世界的な株安と通貨安を引き起こしたものの、悪材料に慣れた 国債相場には支援材料とならなかった。

ドイツ10年債は今週初めて値下がり。利回りが過去最低を更新する ことへの警戒が強いうえ、フランスとアイルランドがこの日、計120億 ユーロの債券を発行したことが背景にある。中国当局がサーキットブレ ーカー制度を一時停止したことを受けて、ユーロ圏の国債は下げ幅を広 げた。

アジアから欧州、米国に至る市場の混乱で国債は値上がりの可能性 もあった。だが、欧州では景気とインフレに関する悲観的な見方が既に 織り込み済みで債券の上昇余地は限られ、域内国債のパフォーマンスは 米国債や英国債を下回った。

ノルデア銀行のチーフストラテジスト、ヤン・フォンゲリッヒ氏 (ヘルシンキ在勤)は「午前は中国株式市場が欧州市場を揺さぶった」 と述べた上で、「欧州株式市場は(引けにかけて)かなり落ち着いた が、利回りが既に極めて低い国債相場の上昇につながらなかった。恐ら く利益確定には十分だった」と語った。

ロンドン時間午後5時58分現在、欧州債の指標とされるドイツ10年 債利回りは前日比4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇 の0.54%。一時は0.48%まで下げ、先月3日以来の低水準を付けた。同 国債(表面利率1%、2025年8月償還)価格は0.35下げ104.30。

イタリア国債も今年初めての値下がりで、利回りは7bp上昇 し1.55%となった。

フランスはこの日、90億ユーロ相当の国債を起債。アイルランドは 銀行団を通じて30億ユーロ相当の2026年償還債を発行した。

原題:Europe’s Already Bleak Outlook Shields Bonds From Market Turmoil(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE