コンテンツにスキップする

NY銅先物:下落、一時2009年以来の1ポンド=2ドル割れ

7日のニューヨーク銅先物相場は下落し、一時2009年以来の1ポンド=2ドル割れとなった。中国経済が一段と減速しているとの懸念を背景に、工業用金属が軒並み下げた。

  工業用金属相場の値下がりを受け、フリーポート・マクモランやアングロ・アメリカンなどが主導する形で、ブルームバーグ世界鉱業指数は一時4.1%低下して04年以来の低水準を付けた。中国の低調な経済指標発表を契機に世界中の市場に混乱が広がり、資産家のジョージ・ソロス氏は危機を警告した。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物3月限はいったん、前日比4.7%安の1.99ドルに落ち込んだ後、結局、3.2%安の2.022ドルで取引を終えた。

China Slowdown Drags Copper Lower

原題:Metals Extend Rout With Copper Below $2 for First Time Since ’09(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE