コンテンツにスキップする

日産ルノー、向こう4年間で自動運転車を10車種投入へ

日産自動車と仏ルノーは向こう4年間で自動運転車を10車種投入する計画だ。

  両社の最高経営責任者(CEO)を務めるカルロス・ゴーン氏が7日、米カリフォルニア州サニーベールの日産総合研究所シリコンバレーオフィスで記者会見に応じ、両社が計画を明らかにした。

  自動運転車をめぐっては、テスラが昨年10月に走行や車線変更を整備された高速道路で運転手のハンドル操作なしに自動で行える「オートパイロット」機能の提供を開始。GMも2017年にキャデラック「CT6」に同様の機能搭載を目指すなど各社がしのぎを削っており、日産とルノーもこの競争に加わる格好だ。

  コンサルタント会社の米マッキンゼーは4日発表した調査報告で、2030年までに10台に1台が完全な自動運転車になる可能性があると予測した。
  

原題:Renault-Nissan to Offer 10 Vehicles With Autonomous Drive(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE