コンテンツにスキップする

中国:外貨準備高、昨年12月に過去最大の落ち込み-年間でも初の減少

  • 12月末時点の外貨準備高は3兆3300億ドル-人民銀
  • 外貨準備高は3年ぶり低水準、市場予想上回る減少幅

中国の外貨準備高が昨年12月に1080億ドル(約12兆6900億円)減少し、過去最大の落ち込みを記録した。中国人民銀行(中央銀行)が人民元相場を支えるためドルを売却する中で、外貨準備高は3年ぶりの低水準となった。

  人民銀が7日発表した資料によれば、2015年12月末時点の外貨準備高は3兆3300億ドルと、前月末の3兆4400億ドルから減った。ブルームバーグのエコノミスト調査では3兆4200億ドル(中央値)への減少が見込まれていた。14年末と比べると5000億ドルを超える減少となり、年間ベースで初めての前年割れとなった。

原題:China’s Foreign Reserves Drop by Record Amid Yuan Support (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE