コンテンツにスキップする

英住宅価格:12月は1.7%上昇-物件不足が相場支えるとハリファクス

  • 前年同月比では10%値上がり
  • 「著しい」需給ギャップが住宅価格を支え続ける見込み

英国では2015年12月の住宅価格が前月比で1.7%上昇した。英銀ロイズ・バンキング・グループの住宅金融部門ハリファクスは7日の発表で、物件不足で短期的な値上がりが続くとの見通しを示した。

  ハリファクスによると、12月の平均住宅価格は20万8286ポンド(約3570万円)となった。前年同月比では10%上昇。12月までの3カ月では1.6%値上がりした。

  ハリファクスのエコノミスト、マーティン・エリス氏は発表資料で、「需給ギャップが著しい」と指摘し、「この状況が短期的に大きく変わる公算は小さく、価格の上昇圧力は続くだろう」と分析した。

原題:U.K. House Prices Jump 1.7% as Halifax Flags Declining Supply(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE