コンテンツにスキップする

新興市場株、約6年半ぶり安値-人民元めぐる懸念で中国株が急落

7日の新興市場株は約6年半ぶりの安値。中国人民銀行(中央銀行)が同日の人民元の中心レートを昨年8月以来の大きさで引き下げたことを受けて中国株が急落し、中国本土株市場は今週2回目の取引停止となった。

  MSCI新興市場指数は香港時間午後2時35分(日本時間同3時35分)現在、前日比1.9%安の745.17と続落し、2009年7月以来の安値となっている。香港市場のハンセン中国企業株(H株)指数は、このままいけば約4年ぶり安値で取引を終える。
 
原題:Emerging Stocks Fall With Currencies as Yuan Angst Spurs Selloff(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE