コンテンツにスキップする

米バークシャー、自社株買い実施のPBR水準に近づく-株価下落で

  • 現在の株価純資産倍率は推定1.27倍、1.2倍まで下がれば自社株買い
  • 株価は昨年12%下落、今年に入っても0.8%下げている

米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイの株価は、同社を率いる著名投資家ウォーレン・バフェット氏が割安と評する水準に近づいている。

  キーフ・ブリュイエット・アンド・ウッズ (KBW)の推定によれば、バークシャーの1株当たり純資産は昨年末に15万4292ドルとなった。ニューヨーク時間6日午前11時25分(日本時間7日午前1時25分)現在の同社クラスA株の株価は19万6260ドルと、KBWの推定値に基づく株価純資産倍率(PBR)は1.27倍。バークシャーはPBRが1.2倍以下になれば自社株買いを実施するとしている。

relates to 米バークシャー、自社株買い実施のPBR水準に近づく-株価下落で

  バフェット氏(85)は投資と買収を通じてバークシャーを紡績会社からコングロマットへと成長させる過程で、自社株買いを原則避けてきた。しかし同社取締役会は2011年、自社株買いを承認。これにより株価が下支えされたほか、数十年間バークシャー株を大量保有してきて持ち分を減らしたいと考える株主に道筋が開かれた。

  バークシャーに投資するガードナー・ルッソ・アンド・ガードナーのトム・ルッソ氏はバークシャーの自社株買いが行われれば「大変良いことだ」と発言した。

  バフェット氏が約50年前にバークシャーの経営権を得て以降、同社の株価は順調に上昇してきたが、昨年は12%下げ、今年に入っても0.8%下落した。

原題:Buffett Nears Buyback Threshold as Shares Extend Slump (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE