コンテンツにスキップする

加ブラックベリー、自動運転ソフト開発へ-アップルやグーグルと競争

カナダのスマートフォンメーカー、ブラックベリーは6日、自動運転ソフトウエアを開発する計画を明らかにした。拡大する同業界でのシェア獲得を目指し、アップルやグーグル、テスラ・モーターズなどとの競争に参入する。

  同社のQNXソフトウエア部門は障害物を検知して車線から逸脱せずに走行し、事故回避のため近くの車と無線連絡できるデモ用自動車を披露した。他のソフトウエア・ハードウエア会社が基本システム(OS)「QNX」で開発したツールを使用した。

  QNXはすでに車載娯楽システム開発のため米フォード・モーターなどの自動車メーカーに使われている。ブラックベリーは他社も利用可能な中心プラットフォームを提供することで、QNXを自動運転技術にも広げたい考えだ。

原題:BlackBerry Joins Self-Driving Car Race With Its Own Software (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE