コンテンツにスキップする

米タイム・ワーナー株上昇、16年にメディア業界復活とクレディS予想

米メディア企業タイム・ワーナーの株価が6日、過去1年半で最大の上昇を演じた。期待外れの2015年だったメディア業界が今年は回復するとクレディ・スイスは予想した。

  タイム・ワーナー株は6日、前日比4.7%高の68.62ドルで終了。S&P500種株価指数構成銘柄の同日の上昇率ランキングでは2位だった。

Time Warner Jumps

  クレディ・スイスのアナリスト、オマル・シェイク氏は6日付の顧客向けリポートで、タイム・ワーナーはCBS、21世紀フォックスと並んで16年の有望な米メディア株の一つだと指摘した。

  シェイク氏の予測では、ネットフリックスなどのストリーミングサービスへの番組のライセンス供与が視聴率に悪影響を与えケーブルテレビのパッケージ契約キャンセルを促しているだけに、メディア企業はこうしたライセンス供与に一段と慎重になりそうだ。また、タイム・ワーナーの「HBO NOW」や「CBSオール・アクセス」のような従来型のメディア企業が提供するインターネット専用チャンネルを契約する消費者が増えると予想されるという。
 

原題:Time Warner Rises as Credit Suisse Sees 2016 Media Rebound (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE