コンテンツにスキップする

NY外為:ドル下落、物価目標達成でドル高はリスクとFOMC

更新日時

6日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが下落。米連邦準備制度理事会(FRB)がこの日公表した連邦公開市場委員会(FOMC、12月15-16日開催)議事録では、政策当局がインフレ率を2%の目標に向けて上昇させる上でのリスクとして、ドル高を挙げたことが示された。

  ドルはユーロと円に対して値下がり。議事録ではまた、12月会合での利上げ決定は一部の政策当局者にとって「ぎりぎり」 の判断だったことが明らかになった。円は対ドルで4カ月ぶり高値。中国人民元の下落は経済減速を反映しているとの懸念や、北朝鮮が初めて「水素爆弾」の実験に成功したと発表したことを受け、安全資産としての円の需要が高まった。

  トロント・ドミニオン銀行のシニア為替ストラテジスト、メイゼン・アイサ氏(ニューヨーク在勤)は「金融政策当局者の間でドル高をめぐり、一定の不快感が見られるようになった」と指摘した。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対ユーロでは0.3%安の1ユーロ=1.0781ドル。対円では0.5%下げて1ドル=118円47銭。円は対ドルで終値ベースで8月24日以来の高値に達した。

  12月のFOMC会合では投票権を持つ10人のメンバーが、フェデラルファンド金利(FF)誘導目標を0.25ポイント引き上げ0.25-0.5%のレンジとすることを全会一致で決定した。

  プルデンシャル・ファイナンシャルのチーフ投資ストラテジスト、ロバート・ティップ氏は「金融政策当局者らは、自信を持ちながらも慎重なアプローチであることを示そうと懸命に努めた」と分析。ドルには今週、雇用関連データの改善や安全資産への需要からもっと買いが入ると同氏は予想した。

  FOMC議事録の発表前にはFRBのフィッシャー副議長が、今年の利上げが4回になるとしたFOMCメンバーの予測中央値は「だいたい妥当な線」だと発言。ただ、中国経済の成長減速といった不透明要因があるため、今の時点で正確な回数を予測するのは不可能だと述べた。

  この日はドル指数が一時、データのある過去11年間で最も高い水準を付ける場面があった。朝方発表された民間の雇用統計で、12月の雇用者数の伸びが市場予想を上回ったことに反応した。給与明細書作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが発表した給与名簿に基づく集計調査によると、12月の米民間部門の雇用者数は前月比で25万7000人増加した。

  ブルームバーグの調査によれば、労働省が8日発表する12月の雇用統計では非農業部門雇用者数は20万人増と見込まれている。11月は21万1000人増だった。

原題:Dollar Drops as Fed Cites Currency as Risk to Its Inflation Goal(抜粋)

(第5段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE